ヘパシン.com 情報ブログサイト

hepasim.com WordPress site

Archive for 1月, 2017

牛樟芝由来の成分「ヘパシン」と「アントロキノノール」

牛樟芝は台湾の高地に自生していた「楠・クスノキ」にそだつ菌類の一種。 現在、製薬メーカーとしてアメリカのFDAで治験を進めている成分で、 「ヘパシン・hepasim」 「アントロキノノール・antroquinonol」が […]

Read the rest of this entry »


※牛樟芝は、台湾の固有種菌類(Triterpenoid)成分が健康に良いと評判。
現在は、既に伐採と採取が禁止されている。
違法に入手されて、商品化された中国製品にご注意ください。

リウマチは膠原病の中に含まれる一種、男性よりも、女性の患者さんが7割から8割を占めている。
寒い時期と梅雨時が特に痛いとおっしゃる方が多い病気でもある。