ヘパシン.com 情報ブログサイト

hepasim.com WordPress site

アントロキノノール成分「森のルビー」とも呼ばれていますベニクスノキタケ

Written By: admin - 4月• 03•14


アントロキノノール成分の紅敏風(ベニクスノキタケ)60粒入り(RASLE)・ベニクスノキタケは和名であり、別名牛樟芝と呼ばれています。
ベニクスノキタケは台湾の標高450~1500メートルの高山にのみ
自生する樹木の空洞部に寄生する絶滅寸前の極めて貴重なキノコで、
「森のルビー」とも呼ばれています。
台湾では体に良いということで、古くから先住民族に用いられてきました。
しかし、近年マスコミに報道されその価値が知れ渡ると、不法業者の乱獲が横行し、ベニクスノキタケは絶滅の危機に瀕してしまったのです。
こうして天然のベニクスノキタケを見かけるのは少なくなり、
1キロあたり約300万円相当ととても高価なものとなってしまいました。
JANコード:4711174914760
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan
国鼎生物科技股?有限公司

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



※牛樟芝は、台湾の固有種菌類(Triterpenoid)成分が健康に良いと評判。
現在は、既に伐採と採取が禁止されている。
違法に入手されて、商品化された中国製品にご注意ください。

リウマチは膠原病の中に含まれる一種、男性よりも、女性の患者さんが7割から8割を占めている。
寒い時期と梅雨時が特に痛いとおっしゃる方が多い病気でもある。