ヘパシン.com 情報ブログサイト

hepasim.com WordPress site

新発売・「紅敏風小粒」アントロキノノール成分が決め手・牛樟芝

Written By: admin - 6月• 22•16


紅敏風・小粒(ベニクスノキタケ・牛樟芝・トリテルペノイド・Triterpenoid)
RASLE・紅敏風(ソフトカプセル・日本向け正規輸入品)・Extract of Antrodia Camphoretaの特徴
Goldenbiotechは独自の技術「固体培養」によりベニクスノキタケの量産に成功
Goldenbiotechの培養したベニクスノキタケの成分は天然のものとほぼ同じ
夜のお付き合いの機会が多い方、いつまでも健康でいたい方。
高濃度の特許成分Antroquinonol(アントロキノノール・アメリカFDA P2申請中)を配合
名称:ベニクスノキタケ加工品
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、冷暗所にて保管してください。
株式会社GoldenBiotecnorogy Japan

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



※牛樟芝は、台湾の固有種菌類(Triterpenoid)成分が健康に良いと評判。
現在は、既に伐採と採取が禁止されている。
違法に入手されて、商品化された中国製品にご注意ください。

リウマチは膠原病の中に含まれる一種、男性よりも、女性の患者さんが7割から8割を占めている。
寒い時期と梅雨時が特に痛いとおっしゃる方が多い病気でもある。