牛樟芝は台湾の高地に自生していた「楠・クスノキ」にそだつ菌類の一種。

現在、製薬メーカーとしてアメリカのFDAで治験を進めている成分で、
「ヘパシン・hepasim」

「アントロキノノール・antroquinonol」がございます。

それぞれの目的で治験中。

まずは、
病気になっても、病気の予防としても、
健康に良いことは間違いないようです。

紅敏風・アントロキノノール成分・ゴールデンバイオテック社製

おすすめの記事